自己破産直後にキャッシングを利用することはできるのか?するならどこが安心か?

自己破産をすると、二度とキャッシングやカードローンを利用できなくなるとお思いの方が多くいらっしゃいますが、実際問題、自己破産をした後でもお金を借りることはできます。住宅ローンであってもカードローンでも、また新規借入をすることは可能です。

しかしながら、自己破産をした場合は、簡単には借入をすることができない点を忘れてはいけません。借入をするまでには時間が必要ですし、心構えも必要になります。

しかし、お金が必要なときに適切な借入をおこなえば、自己破産をした後でもキャッシングを利用することができます。今回は自己破産とキャッシングの利用について紹介をしていきます。

自己破産をしてもキャッシングをしてはいけない決まりはない

融資をおこなっているのは主に消費者金融業者をはじめとする貸金業者と銀行です。それぞれ、自由に営業をしているのではなく、法律にのっとり経営をおこなっています。

貸金業者は貸金業法、銀行は銀行法です。

そして、この法律には自己破産をした人に二度とお金を貸してはいけないという条文は存在しません。また、別の法律であってもそのようなものは存在しません。

そのため、借入できるのかできないのかと言われれば、できるという答えが正解です。

自己破産者は借金を踏み倒した人で、そんな無責任な人がまだ借入することができるのか、と驚く方がいます。しかし、法律のうえでは見れば融資は受けられるということになります。

もちろんですが、継続して安定した収入が必要などその他の条件があります。それらを満たしている必要があります。

自己破産をするとブラックリストに登録される

自己破産などの債務整理を実行した場合、3社の信用情報機関に事故情報として登録されます。

  • JICC(株式会社日本信用情報機構)
  • KSC(全国銀行個人信用情報センター)
  • CIC(株式会社シー・アイ・シー)
たとえばですが、アコムやプロミスなどの消費者金融業者は、JICCに加盟をしています。そして銀行などはKSC、クレジットカード会社と消費者金融業者などはCICへ加盟をしています。

事故情報として登録されるのを、一般的にブラックリストに載るといいます。

3社は情報共有がなされている

信用情報機関が3社あるということは、たとえばクレジットカードの使いすぎで自己破産をしてしまった場合「CIC」に登録されるので、「KSC」に加盟をしている銀行からは今まで通りにお金を借りることができるのではなかろうか? と考えると思われます。

しかし、3社の信用情報機関は個人信用情報という利用者の情報を「CRIN」というシステムにて共有していますので、CICで事故記録がある場合、KSCに加盟をしている銀行にも事故記録は筒抜けになるわけです。

共有された情報を信用情報機関がどの程度重要視するのかは異なった基準を持っていますが、銀行系は特に個人信用情報の事故記録には厳しいとされています。

つまり、クレジットカードの使いすぎで自己破産をしたのに、銀行から新規借入をするというのは、現実的な話ではありません。

高額なローンほど借入は厳しい傾向にある

銀行のチェックは厳しいと前述しました。その理由としては、銀行の特性上、大きなお金を動かすことが多いということが理由です。銀行にはカードローンもありますが、住宅ローンや教育ローンなど複数のローン商品を取り扱っています。

たとえば、住宅ローンであれば一度に何千万円もの金額を一気に契約する大きなローンになりますので、借りる方も貸す方もリスクが大きくなり慎重にならざるを得ません。特に自己破産後であれば、借りる方、貸す方の双方に相当のリスクがつきます。

住宅ローンなど大きなお金が動く借入であれば、自己破産後の利用ははっきりいって難しくなることは間違いありません。そして、小口のカードローンであっても、業者によっては難しいということも忘れてはなりません。

時間経過で自己破産後でも再びキャッシングは可能になる

自己破産をした場合、今後、一生キャッシングを利用することができなくなると思われがちですが、これは間違いです。ある程度の時間さえ経過してしまえば、破産後であってもキャッシングをすることは可能です。

この時間というのは5年~10年です。

concierge
5年~10年経過することで、信用情報機関の事故情報は抹消されるからです。一般的には喪明けと呼ばれています。

では、なぜ5年~10年と開きがあるのかといいますと、前述した3つの信用情報機関によって事故情報の登録年が変わってくるからです。

  • JICC:5年
  • KSC:10年
  • CIC:5年

このようになります。

一度、信用情報機関に事故情報が登録されてしまっても、その情報は上記の年数を超えて登録され続けるということはありません。しかし、自己破産の手続き終了した日が起点となりますので、具体的に何月何日に手続きが終了したというところから何年経過したのかを数える必要があります。

また、正確な日付はきっちり調べないとわかりませんので注意をする必要があります。

ただし、時間が経過しても借りられないことがある

自己破産後、5年~10年経過したので、キャッシングの申込をしたとしても、必ずしも借入できるわけではありません。

自己破産時に免責決定にて借金を強制的に免除した貸金業者からは再び借入をすることはできないのです。この理由は「社内ブラック」というものがあるからです。
この社内ブラックというのは半永久的に消えることはありません。借金を踏み倒されてしまったのですから仕方のない話ではありますが、社内データに残り続けます。つまり、信用情報機関の事故記録は消えたとしても、こちらの情報は消えませんので、自己破産時に借金を免除させた貸金業者から再び借入をすることはできなくなるのです。

銀行のローンはほぼ無理

銀行のローンは、債務整理経験者には非常に敷居が高くなります。信用情報機関から破産履歴が消えたとしても、銀行は「官報」をチェックするところが多く、破産を経験した人への融資は断ってしまう可能性が高くなります。

官報」は永遠に記録が残ってしまうので、銀行でのローン申し込みは非常に難しいとなってしまいます。

しかし、すべての銀行が融資の際に官報をチェックしていません。たとえば「新生銀行カードローンレイク」の場合、官報のチェックをおこなってはいません。

官報に載る

官報とは国が発行している広報誌です。

  • 名前
  • 住所
  • 自己破産をした日
  • その理由

これらの情報が誰でも見ることができます。しかし、一般人で官報を見る人はめったにいません。あまり心配することはありません。また、ローンやカードの審査担当者が官報をチェックするということもそうはありません。そのため、借入時の影響もあまりありません。

自己破産直後にキャッシングできる会社は危険なのか?

インターネットを使い情報収集をしますと、自己破産直後でも借入をすることができました。5年経たないのにカードローンをできました、という広告を見かけます。

自己破産をした直後に借入をすることは、ほぼ不可能であるのに、なぜこんなに早く借入をすることができるのでしょうか?

まず、考えることができるのが闇金です。自己破産後や首が回らない人でも、違法な高金利さえ支払ってしまえば、簡単にお金を借りることができるのが闇金です。

誰もが知っていると思いますが、闇金は違法に営業している金融業者のため、とんでもない高金利をとられてしまうことがあります。そして、取立についても貸金業法にて定められている取立方法を守ることもありません。どんなにお金に困っていたとしても闇金に手を出すのは危険です。

気が付かないうちに闇金から借入してしまうということもあります。

前述したとおり、自己破産をすると官報に名前が載りますので、闇金は官報を見てダイレクトメールを送りつけてきます。破産後、すぐに借入できるという広告やダイレクトメールを見たら、もしかしたら闇金かもと疑ってかかっても問題はないでしょう。

相談に乗ってくれる中小企業もある

相談に乗ってくれる中小の消費者金融会社もあることもあります。

自己破産をした直後、銀行や大手消費者金融業者では借入をすることは不可能です。しかし、中小の消費者金融業者の一部は、そのような困っている人の相談に乗ってくれるケースがあります。

しかしながら、簡単に借入できるかというとそうではありません。大手のようにインターネットでの取引ができないケースが多く、審査も時間と手間がかかります。

電話やFAXのみならず面談をして、時には説教を受けてでもどうにか少額を借入するというパターンが多くなります。水道料金や電気料金の支払書なども必要になるケースがあります。

金利も、大手に比べて高めのことがほとんどです。

中小の消費者金融業者と闇金の違い

中小の消費者金融業者は、テレビコマーシャルなどはおこなっていません。そのため、知名度はまったくなく、聞いたことのない会社名で心配になるでしょう。

闇金と中小の消費者金融業者の違いとしては、「登録番号」があります。正規の貸金業者は、貸金業を営むときに届け出をだして、登録番号というのをもらいます。
たとえばですが、「東京都知事(3)第〇〇〇号」といった登録番号です。この登録番号がある場合、それは基本的に正規の消費者金融業者であり、貸金業法にのっとり仕事をおこないますので大丈夫であるといえます。また、カッコ内は、更新された回数です。例であげたものは(3)ですから3回更新されたということの証左です。

この数が多ければ多いほど、長く続いている会社ですから安心できるといえます。この番号が正しいかどうかについては、金融庁のホームページで検索することができます。少しでも怪しいと思った場合は、金融庁を利用して調べることをおすすめします。

中小の消費者金融業者について

自己破産をしても融資してくれる中小の消費者金融業者ですが、自己破産をしても積極的に融資をしてくれます。

そして、積極に融資をしてくれる中小の消費者金融業者は、「株式会社スカイオフィス」と「フクホー」などがあります。他にも、株式会社アロー、フタバ、アルコシステム、SGファイナンス、ライフティなどがあります。

株式会社スカイオフィス

株式会社スカイオフィスの基本情報として、下記のようなものがあります。

  • 実質年率:15%~20%
  • 限度額:1万円~50万円
  • 保証料:なし
  • 審査時間:最短30分
  • 融資スピード:最短即日
  • 借入判断:なし

株式会社スカイオフィスは、福岡を中心に全国展開をしている企業で、自己破産をしてブラックリストに載っている方にも柔軟に審査をしています。

以前は、「ニッセイキャッシング」として運営をしていました。

スカイオフィスはブラックでも融資可能です。

審査対象の条件としては、

  • 20歳~65歳まで、安定した収入があり返済能力がある
  • 無職、未成年、専業主婦ではない

派遣や契約社員、アルバイト・パートでも審査が可能です。

しかし、他の金融機関で返済が遅れている方は、審査を受けられませんので注意が必要です。

そして、融資額は10万円以下が一般的です。融資できる上限は50万円ですが、一般的に10万円前後の融資が多くなります。

これは、2010年から10万円~100万円の融資の場合、上限金利が18%に下がるようになりました。これ以降、金利20%で融資できるのは10万円未満の場合なので金融機関からすれば10万円以上の融資はあまりしたくないのです。

そのため、自己破産をしてブラック状態という、貸し倒れリスクが高い人には10万円を超える金額を融資してもらえないということになります。

そして、注意点に金利があります。

スカイオフィスの金利は15%~20%となります。融資を受ける際は上限金利が適応されると考えるべきです。つまり、スカイオフィスでお金を借りた場合、金利は20%となります。

金利20%は利息制限法いっぱいの上限金利です。

大手消費者金融業者であるプロミスやアイフルの最高金利は17.8%~18%になりますので、スカイオフィスの金利は高いといえます。

フクホー

フクホーの基本情報は下記の通りです。

  • 実質年利:7.3%~20%
  • 限度額:200万円
  • 保証料:なし
  • 審査時間:即日可能
  • 融資スピード:最短即日
  • 借入判断:あり

フクホーですが、破産をしていても借りられる、ということでこちらも評判になっている中小の消費者金融業者です。

電話だけでなく、インターネットでも申し込みでき点がメリットとしてあります。

スカイオフィスと同様、フクホーもブラックでも審査を受けることができます。

審査条件として、

  • 現在借金がない
  • 1年以上の定職・居住年数がある
  • 破産後半年から1年以上が経過している
  • 破産理由がギャンブルなどではない

これらの最低条件をクリアしなければなりません。ブラックでも審査してもらえます。

ただ、自己破産をしている場合、自己破産後2年~3年以上経過してから申し込みをした方が審査する可能性が高くなります。

この理由ですが、フクホーなどの中小消費者金融業者は、審査する人から見た印象で審査結果が左右されてしまう傾向があるのです。

フクホーの注意点ですが、フクホーには貸金業法に基づいて設定されたいくつかの融資プランがあり、それによって金利が変わります。

  • 5万円~10万円未満:7.3%~20%
  • 10万円~100万円未満:7.3%~18%
  • 100万円~200万円未満:7.3%~15%

この中で、自己破産経験者は「5万円~10万円の金利」になります。

サイトのトップでは、「金利7.3%~18%」と書かれていますが、これは10万円~100万円未満の融資の場合ですから注意をしてください。

中小の消費者金融業者は、スコアリングシステムという申込者のステータスを点数化してテストして採点をする方法は採用しておらず、人を見て審査をしているところがあります。

そういった審査方法だからこそ、自己破産の経験者でブラック状態であっても柔軟に対応をしてくれるのです。

中小の消費者金融業者の注意点

中小の消費者金融業者の金利は、大手消費者金融業者と比べると非常に高くなってしまうのです。

上限が利息制限法で定められている限度いっぱいの20%というプランが多く、返済はとても大変です。

また、返済の取立も貸金業法ギリギリの取立をしてきます。そのため、利用をおすすめはしません。また、無理のない返済計画をしっかり立て、審査を申し込むことが必要です。

まとめ

自己破産をした場合、信用情報機関のブラックリストに入ってしまいますので、キャッシングを利用することはできなくなります。しかし、自己破産をした直後からキャッシングを利用できる可能性もあります。

それが、中小規模の消費者金融業者もしくは闇金です。闇金を利用するのは論外です。闇金は存在が違法なので利用してはいけません。そして、中小規模の消費者金融業者ですが、株式会社スカイオフィスやフクホーなどがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です